NEWS

【 FAD distortion 】2023 SS コレクション受注会 1月27日〜29日

【 FAD distortion 】ファドディストーション

FAD distortion(ファド ディストーション)は2017年より、デザイナー岩田紗苗が個人で手掛けるブランドです。
 
2023S/Sシーズンより、国内の工場さんと取組み、国内の素材を使用したニットウェアの展開を新たに始動します。

ノスタルジーとコンテンポラリー、両方の空気感を合わせ持ち、感情の琴線にふれる表現を追求。
シャーリングやスモッキングなどのテクニックをニット独自の手法に置き換えてソリッドに表現し、ハイゲージニットを中心に、国内の糸を使用し、国内の工場で生産。

また、クリア素材に特殊加工でエンボスを施し、ニットの1目1目の形をイメージしたタブパーツを使用し、一つ一つ手作業で編み上げたバッグも展開。

混沌とした難しい現代社会においても外界に自身をさらし、よりプレイフルに、奔放に過ごす強いマインドを持つ女性に向けての提案を目指す。

ブランド名のディストーションとは、波動のエネルギーを意味し、出会いが振動を起こし、感情の琴線にふれ、より良い波動が伝播する、という意味合いが込められています。

2023 Spring & Summer [ Wave motion ]

今回のコレクションでは、スペインの現代芸術家「ミケル・バルセロ」のアートワークが放つほとばしる感情とエネルギーのうねりに感銘を受けたことが制作の起源となっている。

▼デザイナープロフィール
岩田 紗苗(いわた さなえ)
兵庫県出身
エスモード・ジャポン卒業。ビギグループでデザイナーとして勤務後、ニット専門oem会社に入社。
2017年に『FAD distortion』立ち上げ、「感情の琴線に触れる」をコンセプトにニット小物の制作を開始。
2023年春夏シーズンより、ハイゲージニットを中心に、国内生産のニットウェアの展開を開始。

▼受注会詳細
□2023年1月27日(金)~1月29日(日) デザイナー終日在店
□木宮商店 (蔵前)
□open 11:00 〜 close 19:00
□フリー入場
気楽に、自由に試着&撮影を楽しんでください!

・Flare sleeve PO (ニット) / sage green
¥30,800 税込

立体感のある編地と、深めの袖スリットディティールがポイントのモックネック・ニットPO。
コットン高混率でありながら、サラッとした肌馴染みの良い糸を使用しています。
インナーをレイヤードしていただければ、春〜秋まで長くお使いいただけます。

・Plating 2way rib tank (リブ編みタンク) / lime
¥19,800 税込

ネップが混じったシルクの糸と、その奥にプレーンな糸を使って配色で編んだタンク。
着用することで奥の糸が少し緩く覗く編み方になっています。
前後着用可能な2way仕様。
ジャストシーズンには1枚で、春先にはレイヤーでもお召しいただける便利な1着です。

・U handle tab bag (バッグ) / charcoal
¥29,480 税込

クリア素材に特殊加工凹凸で柄入れしたアイテムは以前から作成していましたが、今シーズンではタブパーツを使ったシリーズを展開します。
タブパーツは一目一目を編むように、すべて手作業ではめながら作成しています。

kimiyashouten 木宮商店

「服」と「人」をつなぐ蔵前の洋服屋

木宮商店はトレンドに関係なく愛着を持って長く着ていただける洋服を揃えています。

時にはド派手であったり一級品であったりミニマルなモノかもしれません。

自分のスタイルの軸となるような洋服に巡り合うことができるお店を目指します。

【店舗情報 #木宮商店 】
東京都台東区蔵前4-20-5 保光ビル1F
(都営浅草線・大江戸線「蔵前駅」徒歩5分)
03-6886-5545